『ジョーカー』は「デッドプール2」へのアンサーシネマでしたね。

映画

デッドプールは映画で爆死したDC出身のグリーンランタンがMarvelで一花咲かせる話。
これから紹介するのはデッドプール2の1シーンになります。

動画やと1:25から

サノス=ケーブルをいじるデップー『デッドプール2』第2弾予告編

キャプがこちら。

このシーンをうけてJokerはおもっくそ重くて暗い映画になったんやと思うわ。

じっちゃんの名にかけて。

おわり

つづき

デップー2のせいでDCは暗いってのが一生まとわりついててJOKER見た時一番に思い出したシーンやったわ。ジョーカーの感想文は巷に溢れかえってるし俺なんかが書いても仕方ないと思って消した。

消したけどもっかい書きます。

ジョーカーはガワこそ人気きゃらやけど中身はおもっそ社会派っていうか映画映画した玄人好みのなんかそういうあれ。正直別にジョーカーじゃなくてもできる映画やしジョーカーって感じでもない気がする、DCにわかやからしらんけど

それをわざわざ人気キャラ使ってやったのがすげえよ、問題提起やん。

そして最後にうっそぴょーんw ぴょーんぴょーんw みたいなシーンいれて、まあジョーカーやしで終わらせる。

すごい映画やったね、もちろん演技もすげかったわ。

完璧な不自然を自然に演じててやばくてよくわからんかった。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました